うまくいくときと、うまくいかないとき

うまくいかないときとはもう随分付き合っていない。あいつとは価値観も合わないし、できるだけ会いたくない。だけどヤツは突然やってきては、俺をイラつかせる。見た目はうまくいくときの顔をしているから、避けようがない。でもたまに気配を感じることはある。首の喉仏あたりがプカプカしてるのを見たことがある。俺はヤツを受け入れた。するとヤツは、プカプカしているところから仮面をひっぺ返して、本性を晒しやがった。うまくいかないときだった。

明らかにうまくいかないときだと分かる時もある。変装せずに堂々としている、うまくいかないときもいるのだ。俺は目を合わせない。うまくいかなくなるのが嫌だから。ヤツは来るもの拒まず、去るものは追わない。だから、こちらから近づかなければ被害はない。人生経験を積めば積むほど、うまくいかないときと出くわすことは少なくなる。

うまくいなかないときは、憂鬱で、イライラする日々を過ごさなければならない。ストレスで寝れなくなり、朝起きるのが怖くなるほど打ちのめされることもある。そういう時は酒で酔うこともできなくなる。乗り越えるためには、悩んで、知恵を働かせて、工夫をし、勇気を振り絞らなければならない。恐怖を乗り越えなければならない。それでもうまくいかないときには、誰かを頼って助けてもらわなければならなかった。

やがて、俺は、一つ成長する。うまくいかないときのお陰で。グラシヤス、アミーゴ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA