サーモンピンクの夕日に、鮭を思う。

期待はずれの波だとか、心の底ではガッカリしながらウェット着替えて、入ってみれば。夢中になって、昼に食った鮭の残りが頭をよぎる。お前は海から川を登り、そして俺の胃袋の中で海へ戻った。波に漂い、お前を思う。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA